北九州・スペースワールドの思い出


私は1歳から2歳の時、北九州に住んでいた。
記憶にはないが、当時、面倒を見てくれていたという近所にお兄ちゃんとお姉ちゃんがいた。

この兄弟とは確か、小学校二年生の頃、再会し、このお兄ちゃんもガンダム好きで、トイザらスに行きガンプラを買いに行き、当時放送していた機動新世紀ガンダムXの登場機体ガンダムエアマスターの144/1を買ったことを覚えている。

ともあれ、北九州と言えばよく遊びに行ったのが、やはり北九州にある遊園地スペースワールドだ。スペースシャトルがシンボルとして聳え立つ遊園地だ。

スペースワールドは小さいころよく行っていたようだが、古い記憶で残っているのは幼稚園年長くらいに、九州・福岡が舞台となった「ゴジラVSスペースゴジラ」(1994年)の公開に伴い、スペースワールドで“スペース繋がり”でゴジラ展がやっており家族で見に行ったのがスペースワールドに行った一番古い記憶だ。

スペースワールドと言えば、喋るロボットがいたことを思い出す。

今ではSoftbankのPepperくんなどがいるが、このころはこれが不思議で楽しかった。
ネットで検索してみたが出てこないため、名前が何なのかも、どういう仕組みでお話ができていたのかもわからない。

その後、福岡が父親の実家であった事で、福岡に行くときには時折スペースワールドに訪れた。

故に、既にスペースワールドは行き飽きていた(笑)

そして、現時点で最後に行った高校の卒業遠足がまさかのスペースワールドだった(笑)
「めんどいよ。もうスペースワールドとかええし」という友人を無理やり誘い、せっかくなんでも乗れるというのに、二人して時間内スペースワールドを何週と周り、「あの子可愛いな」と馬鹿話に花を咲かせたのが私が現時点でスペースワールドに行った最後で会った(笑)

それ以来10年間は行っていないわけだが、こうして今も存在していることを嬉しく思う。

不景気により、東京ディズニーランドや大阪のユニバーサル・スタジオジャパンなどに集中し、広島の呉市に住んでいた時にあった呉ポートピアランドなどの遊園地は閉鎖の一途を辿っていたからだ。

ともあれ、北九州は他にも様々な観光スポットがあるようだ。

1歳、2歳のため記憶はないが、確かに自分が住んでいた地域である。

またいつの日か訪れたいものだ。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ