夢にでてきた男の子


幸せだなと思ったことは、恥ずかしいのですが夢のなかで小学校のころに好きだった男の子と付き合っている夢をみたことです。
その男の子のことを、今はなんとも思っていませんが当時は好きで紙に名前を書いたり、おまじないをしたりと、とにかく小学生がするような恋の実るおまじないをすべてためしていたくらい好きでした。
そんな彼が、夢にでてきて私を好きだというのです。そして、一緒に下校しているのです。手をつなぐくらいで終わってしまうのですが、なぜだか目が覚めておきたときに心から幸せなあたたかい気持ちになりました。こんなこと気持ち悪いかもしれませんが、私の中では幸せな夢でした。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ