審判は最悪だったが、日本はhomeだったのに落とした。


サッカーワールドカップロシア大会の出場をかけたアジア最終予選の初戦。日本はホーム埼玉スタジアムにuaeを迎え、撃つはずだった。というより撃たねばならなかった。

圧倒的なホームである。いくら審判が同じアラブ人同士でuaeに有利な笛を吹いたとはいえ、そして、あの日本の幻のゴールは完全にラインを越えていたといっても

、後の祭りである。日本は海外組を並べたが、バリバリに活躍中かというと、本田にしてもミランでは今一つさえないし、香川も最近元気がない。

その本田のヘッドは、キッカーの清武のクロスが素晴らしかった。しかし、そのあと、逆にuaeにフリーキックを与えてしまい、これを決められてしまい、瞬く間に同点にされてしまった。あのフリーキック、日本のゴールキーパー、西川は、キャッチしようとしてしまったが、素人目にも、あれは、キャッチではなく、パンチングである、パンチなら楽にボールををゴール上に弾けたはずであった。西川周作、まだまだこれから飛躍を望みたい。
大阪の全身脱毛でおすすめはこちら

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ